イトトンボ発見2019.10.06

先日、愛護会と共催で行ったチョウの観察会で、

目のいい参加者が、糸のように細いイトトンボを発見しました。

その名も「ホソミイトトンボ」。

池のない山頂公園で、イトトンボを見ることはあまりありません。

風に吹かれて、やってきて、あそびの広場の木陰の草地で休んでいたようです。

もともとは静岡より西に分布し、神奈川県では2009年頃から分布を広げている種だそうです。(「自然科学のとびら」 神奈川県立生命の星・地球博物館 Vol.17,No.1 Mar.,2011)

温暖化の影響でしょうか。

 

ホソミイトトンボ(あそびの広場 2019/10/01撮影)

 

関連記事

(関連記事はありません)